大芦こども園 日々の歩み

7月後半行事  デイキャンプ

厳しい暑さが続きますが、皆様お元気にお過ごしでしょうか。

8月は行事が少なかったため、7月27日のデイキャンプもお伝えします。




  暑い日々がが続きますが、 こどもたちは水遊びを楽しんでおります。
  7月27日には年長さんがデイキャンプで 森林公園に行って参りました。
  園に戻ったらカレーを食べ、夕方には 花火を行いました。楽しい1日になりましたね。


『防災の日』とは?

来たる9月1日は「防災の日」です。防災の日は1960年に「政府、地方公共団体等関係諸機関をはじめ、広く国民が台風、高潮、津波、
地震等の災害についての認識を深め、これに対処する心構えを準備する」と防災の普及を目標に定めた日本の記念日です。

防災の日が9月1日になった理由は主に2つあります。
 1つ目は1923年(大正12年)に起きた「関東大震災」である。関東大震災は190万人が被災、10万5千人余が死亡あるいは行方不明になった
とされています。近代化した首都圏を襲った唯一の巨大地震であり被害も大きかったため、発生時刻である正午2分前には黙祷を捧げ、
関東各地で慰霊祭が行われます。
 2つ目は「二百十日(にひゃくとおか)」にある。
農家の三大厄日といわれる八朔(はっさく)、二百二十日(にひゃくはつか)と並ぶ二百十日は平年9月1日、閏年は8月31日になります。
台風が来て天気が荒れやすい日と昔からよく言われます。台風の特異日としても有名でこの日の前後7日間くらいは台風がよく日本に来ます。
過去五年のこの時期を見ても計5回とほぼ毎年のペースで来ている。台風による直接的な被害も然ることながら大雨による2次災害の発生
などの警戒が必要な季節であります。

いつ来るかわからない地震をはじめ多くの自然災害を持つ日本。
9月1日から各地で多くの催し物も開催されております。これを機会に防災の知識の深め、災害への備えを整えてみましょう。

・鴻巣市のハザードマップ
 防災のマニュアルは各市町村のホームページにありますので以下のURLを参考にご自宅から避難所までの経路や重要拠点を確認してみましょう。

◇鴻巣市防災マップ 
http://www.city.kounosu.saitama.jp/kurashi/1/13/2/1455525766479.html
 
 1.鴻巣市防災マップ・・災害ごとに気を付けなければいけない事や、地区別の             避難先や災害時の重要な拠点が記載されております。
             ご自宅から1番近い避難所や病院の場所を確認しましょう。

 2.地震・洪水ハザードマップ(避難地図)・・地震は地域ごとの地盤の強さが             異なるので場所によって大きく揺れます。また鴻巣市             は荒川だけではなく、流域面積が日本一の利根川も近             くにあるため川が氾濫した際には浸水などの被害も予             想されます。ハザードマップを確認して災害ごとの避             難路をシュミレートしてみましょう。