大芦こども園 日々の歩み

7月行事  なつまつり

・梅雨も明け本格的な夏を迎えましたが皆様はお元気にお過ごしでしょうか。

・7月7日に「なつまつり」を行いました。子どもたちはお神輿を担ぎ、音頭を踊り、夏の風物詩を感じてくれたかと思います。




7日には、なつまつりを行いました。 お神輿を囲みみんなで盆踊りをしました。
  「わっしょい!わっしょい!」とお神輿を担ぎ 園の周りをみんなで回りました
園に戻ったら金魚すくいや輪投げなどの 出し物を楽しみました。


『熱中症』とは?

熱中症は高温の環境下で体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスを崩れたり、体内の調整機能が破綻するなどして発症する
障害の総称です。梅雨も明け本格的な夏を迎えますが皆様は熱中症対策はしていますでしょうか?
改めて熱中症がどういうもので、どのように対策していくべきか確認してみましょう。


・熱中症のメカニズム
 人間は36〜37℃くらいに体温を調節することができる恒温動物(こうおんどうぶつ)です。私たちの体では運動や体の営みによって常に熱が産生されますが、同時に私たちの体には異常な体温上昇を抑えるための効率的な調節機構も備わっています。
例えば暑い時に人は汗をかきます。そしてその汗が蒸発することに伴って熱が奪われますので体温の低下に役立ちます。
 しかし、汗は体にある水分を原料にして皮膚の表面に分泌されてます。汗をかくと体内で血液の分布が変化し、また汗によって体から水分や塩分(ナトリウムなど)が失われるなどの状態になります。この状態が続くと、筋肉のこむらがえりや失神(いわゆる貧血:脳への血流が一時的に滞る現象)になり、熱の産生と熱の放散とのバランスが崩れてしまい体温が著しく上昇します。このような状態が熱中症です。
 熱中症は死に至る恐れのある病態ですが、適切な予防法を知っていれば防ぐことができますので正しい知識を身に着けて夏に臨んで
もらいたいかと思います。

・熱中症への気づき
 気候が高温多湿、または前日との気温差が激しい日は注意が必要です。熱中症は体が気温の変化に対応できなくなってしまうことが
大きな要因となっております。そのため梅雨が明け太陽が照りつける7月下旬をピークに、7月中旬から8月上旬の間は警戒が必要です。
@高い体温
A肌が赤い、乾燥している
B頭痛・めまい・吐き気
以上の3点の症状が出た場合、熱中症の疑いを持った方がよいでしょう。
特にAは
汗をかいてないことにより、肌が熱くなり乾燥している危険な状態なので注意しましょう。

・熱中症の対策
自分が熱中症の疑いがある、熱中症の疑いある人がいる場合以下の4点を行ってください。

T)涼しい場所への避難
・風通しのよい日陰や、できればクーラーが効いている室内などに避難しましょう。

U)脱衣と冷却
・衣服を脱がせて、体から熱の放散を助けます。
・露出させた皮膚に水をかけて、うちわや扇風機などで扇ぐことにより体を冷やします。下着の上から水をかけても良いでしょう。
・氷などの冷やすものがあれば脇の下や大腿部や股関節などに当てて血液を冷やす事もおすすめです

V)水分と塩分の補給
・重要です。足りなくなった水分と塩分を補給してください。
・本人の手で飲んでもらいましょう。この時うまく飲めなくなってしまっている人は重度の熱中症の疑いがありますので救急車を呼ぶか
どうかの目安になります。

W)医療機関へ運ぶ
・自力で水分の摂取ができないときは、点滴で補う必要があるので、緊急で医療機関に搬送することが最優先の対処方法です。


☆熱中症に注意して楽しい夏休みにしましょう。