大芦こども園 日々の歩み

5月行事 避難訓練           

・うっすらと汗ばむほどの陽気が、本格的な夏の近いことを知らせています。熱中症に気を配りながら衣替えや水分補給など体調管理を大事にしていきましょう。

・5月の行事は2日に「こいのぼり集会」、19日に「親子遠足」、
25日には「合同避難訓練」を行いました。





2日にはこいのぼり集会を行いました。 各クラスでこいのぼりの制作物を作りました。
  19日には親子遠足でパノラマ公園へ 行ってきました。天気は快晴で良い 遠足日和となりました。
25日には「立ち合い避難訓練」を行いました。 消防署の隊員さんと救命士さんが来園し避難訓練を 行いました。最後には消防車や救急車を見ることが できました。


※『歯と口の健康週間』とは?

6(む)月4(し)日より1週間の「歯と口の健康週間」が始まります。この週間は、歯と口の健康に関する正しい知識を知ってもらい、虫歯の予防に関する適切な習慣の定着を図ることで健康の保持増進していくことを目的に、日本歯科医師会が1958年(昭和33年)より実地しています。

・歯と口の健康は重要です。虫歯や歯周病を放置すると大きな病気へとつながることがあります。
その1つが心疾患です。歯周病となった歯茎から歯周病菌が血管に侵入し血栓をつくって
動脈硬化を引き起こす原因になります。

・歯と口は健康で生きていく力の支えとなります。
日本歯科医師会は
8020運動(80歳まで歯を20本残す)を目安に掲げています。
歯は一生のパートナーです。 そのためにも子どもたちには歯を大事にしてお口のケアを
心がけていくことを日々の習慣として身に着けていくべきであると考えます。